RoMatik210
逆浸透膜純水装置

さまざまな水質のタイプ

    逆浸透膜による純水化

    様々な水処理方法で、必要に応じたコンディションの水を供給することができ出来ます。

    逆浸透膜式純水装置は精度の高い膜に強制通水し、水中の不純物を取り除きます。

    イオン交換式と比較するとやや精度は落ちますが、不純物がない状態で洗浄が行われるため、食器、カトラリーやガラスに水垢が残りません。洗浄物がぴかぴかに洗浄され、すぐに使用できるので、手で磨く必要がなくなります。

    イオン交換による純水化

    様々な水処理方法で、必要に応じたコンディションの水を供給することができ出来ます。

    イオン交換式純水装置は、水からミネラルなどの不純物を完全に除去し、高い精度の純水を生み出します。

    水質は蒸留水と同程度で、食器、カトラリーやガラスに痕が残りません。輝きあるつややかな仕上がりで、時間のかかる手磨き作業が不要です。

    軟水装置による軟水化

    様々な水処理方法で、必要に応じたコンディションの水を供給することができ出来ます。

    硬水は、洗浄機のない内部や食器上に白い痕を残します。軟水装置により硬度分が取り除かれた水を使用することで、石灰分などが残ることで洗浄機に引き起こす損傷を回避することすることができます。

    また洗剤やリンス剤が硬度分の影響を受けず効果を発揮するため、より優れた洗浄結果を実現し、洗剤などのランニングコストを削減します。

    通常の水

    様々な水処理方法で、必要に応じたコンディションの水を供給することができ出来ます。

    通常の水の中にはミネラル分などが含まれ、これらは食器やグラスに痕を残し、食器洗浄機の故障を引き起こす原因となります。

    用途に応じた水処理を行うことで、さらにお客様に最適な洗浄結果をご提供することができます。

  • 通常の水
  • 軟水装置による軟水化
  • イオン交換による純水化
  • 逆浸透膜による純水化
ダウンロード
個別のご相談

ご質問・お問い合わせは

TEL:03-6906-6061<br />E-Mail95 (inf9ta+o_wiijxgntcroerh4vhalterazrit@winectebawgrhalycter.cosu.jpx0)

いつでも変わらない最高の水質。 磨き上げの必要がないつややかな洗い上がり。

逆浸透膜純水装置 RoMatik210 は磨き上げ作業を低減する最適な水を供給します。

精度の高い膜を通過すると最大でを98%もの不純物を取り除くことができ、食器に水アカを残しません。RoMatik210は1時間当たり最大で210L(15℃、max. 10 °TH*)生成することができ、様々な洗浄機と組み合わせて使用することが出来ます。

もちろん装置もコンパクトで、手間のかかる操作もありません。

RoMatik210が磨き上げ作業を軽減し、作業時間とコストの削減に貢献します。

* Total hardness(全硬度)

Product consultant
Winterhalter product consultant

テクニカルデータ:RoMatik210

Reverse osmosis - RoMatik 210
Technical Information RoMatik 210
Yiel at 15°C input temperature [l/h] 210
Max. conductivity inlet water [μS / cm]
max. water hardness [° GH] 10
Water outlet Floor drain and dirty water connection
Pre-softening Recommended! Approved for operation without prior softening up to 10 °GH.
Electric connection necessary
Appropriate machine models STR, MT-Series

The technical data provided here are based on an operation under ideal conditions. Depending on the local circumstances, individual values may vary and must be recalibrated on startup.